オリンピック・パラリンピックのイベントに行きました

オリンピック・パラリンピックのイベントに行きました

7月14日火曜日文京シビックホールで、オリンピック・パラリンピックキック・オフテイアイベント”2020年へ”夢をつなごう!というイベントがあったので行って来ました。当面の主な取り組みとして①歴史と文化を活かし国内外から訪れる観光客に向けての魅力を発信していきます②現る有の施設の多言語化対応、語学ボランテイア・スポーツボランテイアの育成などにより、「おもてなし」のまちづくりを進めます③東京都民のみなさんがスポーツに親しみやすい環境づくりを進めるほか、未来のアスリート育成や各種スポーツ事業の実施などにより気運醸成を図ります④障害者スポーツの推進、スポーツ施設のバリアフリー化を通じ、パラリンピックを支援します⑤野球・ソフトボール競技の復活を強力にもとめていきます 以上の5項目が当面の目標だそうです。 まず開会はロサンゼルスオリンピックの開会式の曲の演奏から始まりました。 次に山下泰裕さん(全日本柔道連盟副会長・ロサンゼルスオリンピック柔道金メダリスト)のお話でした。 モントリオールオリンピックでは代表に選ばれなかったそうです。次のモスクワオリンピックでは代表に選ばれだが西側諸国のボイコットで日本の出場がありませんでした。そして次のロサンゼルスオリンピックでは代表に選ばれて初めて出たそうです。 ロサンゼルスオリンピックでは準決勝でフランスの選手と対戦して右足ふくらはぎが肉離れになり決勝戦ではスイスの選手との対戦で鬼のような形相で相手に向かっていったが、投げるのは無理なので、わざと投げられて寝技にもっていくように監督に言われ、自分の夢の実現を果たしたそうです。 そして、なでしこJAPANの監督の佐々木則夫さん、アテネオリンピック体操団体金メダリストの富田洋之さん、山下泰裕さん、司会はフジテレビキャスターの須田哲夫さんのトークセッションがありました。佐々木監督は帰国したばかりでしたが、とても元気でびっくりです。フアンサービスも気を使っていらっしゃってすごいなと思いました。 アテネオリンピックの”栄光の架橋”は私のとても好きな曲で、勇気が出てきます。(高橋)