『歯医者さんは痛い』そんなイメージは、もう古い!! 当院では痛みを軽減するために様々な方法で、無痛に近い状態で治療をうけられます。

表面麻酔

注射針に対する痛みを、事前に歯肉の表面に麻酔を塗ることでチクッとする痛みをほぼ解決できます。
表面麻酔

麻酔液の保温

体温との温度差がある事により痛みを感じやすくなるため、体温に近い状態に麻酔液を温ためて使用しています。
 浸麻保温器

極細針の使用

針には様々な太さの物がありますが、初めに打つ際には中でも、最も細い針を使用しています。
極細針

笑気吸入鎮静法

笑気ガスは、無色でわずかに甘い香りのある無刺激性のガスです。 歯科治療の際は、低濃度の笑気ガス30%と酸素70%を混合したガスを鼻から吸入していただきます。 人のよっては少し眠気が出るかもしれませんが、寝てしまうことはありませんので、治療中の意識はあり、見ることも聞くこともできます。 ただし、恐怖心や不快感からは解放され、穏やかでリラックスした気分になります。 さらに麻酔などの刺激に対しても、ほとんど痛みを感じなくなります。 実際に体験した患者様が感じる状況としては、お酒を呑んだ時のホロ酔い気分に似た多幸感がある状態になるようです。 血中からの排出も早いため鎮静状態からの回復も早く、治療後は数分で帰宅していただけますし、副作用などの心配もありません。